占い師とはいっても、普通の人であることには変わりありません。
特に電話占いの場合には、副業でやっている人も少なくないですが、その生活は謎に包まれているでしょう。
そこで普段占い師がどのような生活を送っているのか、出来る限り調べてみました。

電話占いの占い師とは?

電話占いの占い師とは、文字通り電話で占いをする人で、電話を待っている間は会社員のように一所に集まっているという事もありません。

いわゆる在宅ワークと言っていいでしょう。

在宅ワークとは言いますが、電話が使えて占いが出来る状況下であれば、たぶん外にいても問題ないのだと思います。

利用者に選ばれたら、電話が鳴って通話を始めるのですが、その間は別に何をしていても構いません。

基本的には分給という形をとっていて、1分○○円で働いています。

そして完全出来高制になりますから、全くお客さんが入らなければ、無給という事もある職業です。

ただし電話占いサイトの中には、決められた時間待機しているとその分給料がある程度保証されているところもあります。

電話占いの占い師は専業と副業がある

電話占いの占い師には、専業の占い師と副業の占い師がいます。
ですが、おそらくこの2つに明確な違いはありません。

待遇面でも大して変わらず、どれだけシフトに入っているのか電話占いだけで食べていけるのか、と言った位の違いしかないでしょう。

ただし、待遇は全員一律で同じというわけでもありません。

前述した通り、待機時間が長ければ給料が保証される等シフトをたくさん入れる人を優遇するところは少なくないでしょう。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

電話占いの占い師はシフトを自由に決められるところが多い

電話占いで働くときの特徴として、シフトを自由に決められることがあげられます。

早朝から深夜まで、20時間営業や24時間営業というのも珍しくなく、毎日深夜1時~5時までと言ったシフトの決め方もできるでしょう。

サイトにもよりますが、コンビニのバイトのように深夜に入っている人は待遇が良くなることもあります。

そのおかげで、自分の生活に合わせて仕事が出来る事が最大のメリットだと言えるでしょう。

ですから占い師は会社員とは違い、時間を自由に使っている人も多いのではないでしょうか。

強いて制限をあげるとしたら、利用者が多い時間帯や少ない時間帯があるという事ですね。

お客さんが来ないと1円にもならない以上、人が集まる時間帯にシフトを入れておいた方が収入には繋がるでしょう。

副業の占い師は普段何をしているの?

専用占い師だと1日の多くを電話占いの待機に使い、空いた時間で占いの勉強をする、趣味に当てるなどある程度は想像できますよね。

しかし、副業で占い師をしている人になると、普段何をしているのかは様々になるでしょう。

主婦をしながら空いた時間を占い師としての活動に当てている人もいるでしょうし、サラリーマンをやりながら夜や休日に占い師をしている人もいるかもしれません。

働きやすいので副業でやっている人でも、軌道に乗れば専業としてやっていこうと考えている人もいるようです。

関連記事