今の仕事を続けていけないと感じた時、転職先の候補として、電話占いの占い師があがるかもしれません。もともと占い師を目指していて、電話占いに目を付ける人もいるでしょう。そこで、電話占いの占い師に向いている人がどういう人か、ご紹介します。

電話占いの占い師になるとは

今の会社に満足できないとか、もっと自由な時間が欲しいなど、できれば電話占いの占い師になりたいという人は、案外少なくないのではないでしょうか。
別に占い一筋ではなくても、働ける可能性もありますから、なおさらです。
一筋どころか、占いなんてやったことがないという人でも、働き始められるかもしれません。

実際の募集要項を見てみると、いくつかのコースに分けられていて、中には素人でも大丈夫というものもあります。
そのため、会社を辞めて始めることもできるでしょう。
給料がどれくらいになるかはわかりませんが、様々な条件次第で、上手くいけば時給3000円は行きますし、月給100万円も目指せるような職業です。

ただし、完全出来高制を摂っているため、会社勤めのように、補償は一切ない事を頭に入れておきましょう。
可能性として、1か月1人もお客さんが来なければ、月給0円という事にもなります。
サラリーマンよりも、漫画家や小説家と言った職業に近いと言えるでしょうか。

霊感があった方が電話占いでは有利

電話占いでは様々な占術が使われますが、中でも重宝されているのが、霊感占いです。
相手の守護霊を見ることで、対象者の全てを見通せると言われる、霊感占いですが、他の占いと違い、すぐに結果が分かることから時間短縮になり、消費者のニーズにこたえられます。
また熟練の占い師になれば、的中率は100%とも言われますから、評判も良くなるでしょう。

もちろん、霊感がなかったとしても、占いの技術に長けていれば占い師になれますが、素人がいきなり占いの世界に入っていこうと考えているのであれば、持っていることで大きなアドバンテージになるはずです。
そのため、相手のオーラが見えるとか、普通の人には見えないものが見える人は、占い師を目指してみても良いのではないでしょうか。

会話をするためコミュニケーション能力は大切

会話でのやり取りしかできない電話占いでは、コミュニケーション能力は大切です。
どれだけ占いの技術が高くても、相手の悩みを聞き出せなければ、占うこともできませんし、本心を語ってもらわなければ、相手が求めるものが見えてきません。
それに空気が読めず、なんでも話してしまうと、どれだけ占いが当たっても評判が悪くなるのは、避けられないでしょう。

むしろ、占いよりも相談相手として電話をかけてくる人もいますから、コミュニケーション能力が高ければ、占いの知識が他の人よりも劣っていても、人気になれる可能性はあります。
それに占いは占い師をしながらも勉強できますが、コミュニケーション能力は、高めようと思っても難しいため、高いコミュニケーション能力はそれだけで武器になるでしょう。
占い内容を素早く、的確に伝えるという意味でも、話す力はどこまでも求められます。

よく知り合いに相談を持ち掛けられる、という人は、占い師にも向いていると言えます。

電話占いで大切になる人生経験

電話占いで鑑定依頼をする人の多くは、何かしらの悩みを抱えた人たちになります。
占い師は、そういった人の話に耳を根気強く傾けて、気持ちを吐き出させることが大切です。
それだけでも、相談者の気持ちは楽になるかもしれませんし、占いもしやすくなるでしょう。

それから、占いの結果をもとに相手を導かないといけません。
その時に薄っぺらな言葉を並べても、相手の心には響かず、言葉に重さを持たせるにはやはり人生経験が必要になってくるでしょう。
人生経験が豊富な人ほど、直感や第六感が働きやすいという話もありますから、人生経験は占いをするうえで、大きな財産になるはずです。

仕事や恋愛など、様々なことに豊富な経験を持っている必要はなく、何か1つだけでも秀でた経験があるのであれば、それを得意な相談としてやっていくという事もできます。

相談者から考える電話占いに向いている性格

誰にも気が付かれず、こっそりと出来るという点から、電話占いを利用して相談する人の多くが、人には言えない悩みを持っています。
好きになった人が既婚者だったり、仕事や転職であったりと言った感じですね。
利用者の多くが女性ですから、恋愛ごとが最も多いと言われます。

どういった内容の相談でも、相談者としてはとてもデリケートなものであることが多いですから、例え占いの結果が相手の望まない事であっても、ずばずばと言ってしまう性格だと、傷つけられたと感じる人も出てきます。
そういう面から言えば、内気で周りの目が気になる人の方が、占い師には向いているでしょう。
周りの目が気になるという事は、それだけ周りの人の気持ちに敏感だと言えるからですね。
言って欲しい事や言って欲しくない事を察知して、仮に言って欲しくない事を言わないといけない時であっても、少しでも傷つかないように伝えることが出来るでしょう。
ただし、ズバッと話してしまう人が悪いのではなく、むしろはっきり言ってくれた方が助かるという人もいますから、一長一短ではあります。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

当然占いに関する知識はあった方が良い

素人でも大丈夫と言った事を書きましたが、占いの勉強をしているに越したことはありません。
プログラマーの仕事をするのに、パソコンを触ったことがないという人と、プログラムの勉強をしてきた人では、いかに素人を募集していたとしても、後者の方が採用率は高いはずです。
占いの場合、その技術だけで決まるものではありませんが、勉強をしておいて損はないでしょう。

占い師になれた後も、勉強がはかどるという観点からも、占いには興味がある方が占い師に向いているのは違いないです。
会社を辞めて占い師になりたいと考えた時には、辞めるまでの間に占いについて勉強しておくと良いでしょう。
欲を言えば、占い師になり、軌道に乗るまでは別の働き口は残しておいた方が、不安もなく占い師を続けられると思います。

向いている事と採用されることは別

どの電話占いサイトを利用するかにもよりますが、その後の活動を考えて、大手の電話占いサイトに応募した場合、採用率は数パーセントしかないと言われています。
採用されても、人気商売ですから、なかなか続かない人も多いです。
ですから、占い師になりたい人は、かなりの覚悟が必要になるでしょう。

関連記事