インターネットが普及し、今では自宅で気軽に占いを受けることができるようになりました。その一つに「電話占い」があります。自宅に居ながら好きな時間に相談でき、顔を合わせることのない高い匿名性のもと占いができるというシステムです。

今回は、電話占いの注意点として利用料金を未納した場合どうなるのか?などを具体的にご紹介したいと思います。

電話占いの利用料金は鑑定士によりさまざまですが、一般的に30分6000円~10000円のものが多くなっています。(電話占いの会社でフリーダイヤルが導入されていない場合、通話料金は別途かかります。)
料金の支払いは基本後払いで、クレジットカードや銀行振込となります。
それでは、もし料金を未納した場合どうなるのかについてご説明したいと思います。

延滞料金の発生

期限を過ぎ占いサイトから支払い催促のメールや電話が来ますが、未納が長期に渡った場合、延滞料金が発生します。
利用するときに会員規約に同意しましたよね?規約にはほとんどのサイトが延滞料金について記載しています。
自分の意思で同意したものなので、支払いには当然義務があります。

法的措置

それでも料金を未払いした場合、弁護士を介し書類が届きます。もし裁判になった場合、必ず出廷しなければなりません。
弁護士を雇い示談にしてもらえる可能性がありますが、弁護料を考えると高くつくことは確実です。
また出廷を拒否した場合、法に基づいた支払い義務が生じ、財産の差し押さえに発展することもあります。社会的にも大きなダメージを受けることは間違いありません。

今後の占いへの支障

占いサイトは他社にも繋がりをもつことがあります。悪質に滞納を続けた場合ブラックリストに掲載され、滞納したサイトから会員資格が剥奪されるだけでなく他の電話占いサイトでも利用することができなくなります。

未払いをしてしまう理由の1つに自分の思う占い結果にならなかったというものがあります。気軽に受けられる分、適当に選んでしまうとお金はもちろん時間も無駄になります。
では、電話占いを有意義にするにはどうしたらよいのでしょうか?

そんな時は電話占い比較サイトを活用しましょう。特典や料金、占い師の評判など詳しい情報を知ることができます。
特典には初回3000円分無料キャンペーンなどがあります。これらを有効に使い、自分に合った占いサイトを見つけましょう。

キャンペーンの仕組みについてはコチラを参照初回無料・激安の電話占いの仕組み

どんな占い結果だったとしても、必ず料金は支払わなくてはなりません。未払いの場合、延滞料金や最悪裁判になります。会員規約をきちんと読んで、期日を守りましょう。

関連記事