占いというと、タロットや手相、占星術などが思い浮かぶかもしれません。しかし電話占いで、メジャーな占いと言えば霊感やスピリチュアルと言ったものです。
言葉だけを見ると、何とも胡散臭い感じがする人もいるかもしれませんが、今回はこれらがどういったものかを見ていこうと思います。

霊感で占うってどういうことなの?

霊感占いの話をする前に、霊感で占うという事がどういう事なのかをはっきりとさせておきましょう。
霊感がある人というと、心霊番組などで呼ばれることがある、幽霊を視ることが出来る人を思い浮かべるのではないでしょうか。
それでいくと、霊感とは幽霊を視る能力、霊を感じることが出来る能力になります。

こういった霊感と霊感占いは同じものなのか、霊が視えることで占いが出来るのか、ですがその通りだとも、違うとも答えることはできるでしょう。
霊感占いとは、タロット占いのタロットカード、西洋占星術のホロスコープなどの道具を何も用いずに、第六感のようなものでヴィジョンを視て、相手に伝えるというものです。
つまりは、現状解明されていない、不思議な力を使って占いを行うといった感じですね。

オーラを見るというのも、霊感に当たりますし、幽霊が見えるというのも、霊感占いで言うところの霊感の1種だと言えます。

霊感占いはどのように占うのか

霊感占いを調べても、それぞれ異なる表現がなされていて、なかなかはっきりとした答えは出てきません。
共通する部分をあげてみるとすれば、何か特別な力を持った人が、その力を用いて対象者の過去・現在・未来などを見るというところです。
前述してありますが、必要な道具もありません。

人によって表現が変わるのですが、瞑想をすることによってヴィジョンが見えるとか、スクリーンのようなものが頭にあって、そこに映像が浮かび上がるなどと言われていますが、霊感がない人だと、いくら説明されても、理解することはできないでしょう。
そのため、霊感はインチキだと思っている人もいるかもしれませんが、信じるかどうかは、個々の判断に任されていると言っていいです。

ただし、全く信じられない人は、霊感占いに向いていませんから、利用しない方が良いでしょう。
また霊感占いを使って、悩みを解決している人が居るというのは、事実です。

霊感と普通の占いとの違いについて

霊感占いとその他の占いというのは、明確に違います。
霊感は上記通り、特別な力を持っていなければどうしようもないため、どれだけ勉強したところで、どうにかなるものではありません。
後天的にも霊感を手に入れることもできると言われますが、定かではありません。

普通の占いに関しても、一般の人から見たら、不思議な何かのように見えるかもしれませんが、どちらかと言えば学問に近いでしょう。
占星術と天文学はもともと同じものだったとも言われますし、それぞれ密接にかかわる学問があってもおかしくはありません。
霊感との大きな違いは、誰でも勉強すれば、ある程度は使えるようになることです。

それから、誰が占っても、大きく結果が変わらないのも、特徴でしょう。
このようなプロの占い師は、タロットカードや手相の意味をすべて把握していたり、解釈が素晴らしかったりと言った人になります。
またエンターテイメント性で見た場合、大きな動作もない霊感はモノなりないと感じる人も多く、あまり対面占いで霊感を見ることはありません。

電話占いで使われる霊視とはどういうことなの?

霊感の1種にはなりますが、使える占術一覧を見ていると、「霊視」というものを見かける事があります。
霊が視えるから霊視、というわけですが、柱の陰から幽霊がこちらを見ているといった霊とはちょっと違います。
霊視とは、対象者の守護霊を見ているのだそうです。

守護霊とはその人の運命や木庭、過去などの全ての情報を知っているらしく、霊感占いでは守護霊から情報をもらっているのだという占い師もいます。
全ての情報があるなら、万能かと言われたらそういうわけでもなく、出鱈目な情報をつかまされることもあるそうです。

要するに霊視とは、守護霊が視えて、情報を教えてもらえる能力という事でいいでしょう。
似たようなものに透視がありますが、透視は箱の中身がわかるとか、その人の持っているエネルギー、オーラ的なものは見えますが、未来や過去についてはあわからないと言います。

スピリチュアルと霊能は違うのか

霊能や霊能者と似たようなもので、スピリチュアルやスピリチュアルカウンセラーなどがあります。これらは違うものなのか、同じものなのかですが、違うものだし同じものという答えになりそうです。
そもそも、霊能と言う言葉の範囲が広いため、その中にスピリチュアルが入ってしまいます。

そのため同一とみても良いかもしれませんが、調べてみた感じ立場が違うようです。
霊能だと、良くないものが見えた時に、駄目なものは駄目だとして、手っ取り早く解決してしまおうといった感じです。
対してスピリチュアルは、根本的な解決をするのではなく、解決の手助けをしつつ、相談者に頑張ってもらおうといった感じです。

あくまでこういったイメージというだけで、実際にはあまり区別して使われていないことも多いです。

霊感の的中率は100%とも言われる

占いにおいて、的中率は大切ですよね。四柱推命が最も的中率が高い占いだとも言われていますが、霊能の場合、人によっては100%を誇ると言います。
しかし、力量が問われる分野でもありますから、霊能者が全員100%の的中率だというわけではありません。
見えるものも人によって違う可能性もあり、占い師により結果が大きく変わることもあるでしょう。

対して四柱推命やタロットなどの道具を使うものは、誰がやってもだいたい同じ結果になるそうです。
違うのは占い師の解釈の違いですから、力のない霊能者よりは、普通の占術の方が安定しているとも言えます。
理想は高名な霊感占いの先生を見つけられること事ですが、それが難しいのであれば、自分の悩みにあった占術を選んでみるといいでしょう。

霊能者と電話占いは相性が良い

「霊能者と言えば電話占い」というくらい、電話占いには霊能者が数多く登録されています。
対面占いではエンターテイメント性に欠けるという、欠点があるわけですが、電話占いでは占い師側はそういった演出にこだわる必要ありません。
利用者側から見ても、占いをする時間が無くなり、短くなりますから、霊能者と電話占いは、かなり相性が良いと言えます。