電話占いで占いをしてくれるのは、当たり前かもしれませんが占い師です。しかし、占い師と言っても、ただの占い師なのか、何か特別な能力を持っているのか等違いがあります。
そこで、電話占いの占い師はどういう人たちなのか、ご紹介します。

電話占いで占ってくれる人はどういう人たちがいるのか

電話「占い」ですから、占い師であるとは言えますが、ここでは広い意味で「占い師」を使わないで話をしようと思います。
電話占いサイトを見ていて気が付くかもしれませんが、占いをしてくれる人は、いくつかのタイプがありここでは便宜上「霊能者」「イタコ」「占い師」「スピリチュアルカウンセラー(スピリチュアル○○)」+「その他」として考えていきましょう。

霊能者やイタコ、スピリチュアルカウンセラーは、常人には計り知れない力を用いて占いを行いますから、一括りでもいいのかもしれませんが、一応別物として扱います。
また、ここでの「占い師」とは、霊感と言って特別な力を持っていない、タロットカードやホロスコープを扱う、いわゆる占い師の事です。
その他については、後ほどお話します。

電話占いの霊能者とはどういう人?

霊能者と言われると、廃病院などで悪霊を退治しているような図を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
そういう人たちという事で、間違いでもないのですが、全く同じとも言い難いです。
とりあえず、他人には見えないものを見ることが出来る人、と考えてくれるといいでしょう。

占いにおいて、霊能者が視ているのは幽霊や悪霊ではなく、対象者の守護霊やオーラだと言われています。
それらは、対象者の未来を含めたすべてを知っているもので、相談者と会話をしなくても、何に悩み、どうしたいのかを知ることが出来ます。
ですが、普通の人にはオーラも守護霊も見えませんから、胡散臭く感じるかもしれませんね。

何も道具を使わずに、瞑想をするだけで見えてくるものですから、特に対面鑑定だと何をしているのかわからないかもしれません。
瞑想をして、守護霊からその人の事を教えてもらいますから、時間も短く電話占いにおいては料金の節約になるでしょう。
信じられるかどうかは、人に寄りますが、興味があれば一度体験してみてはどうでしょうか。

霊感を持たない占い師について

霊感を使った占いには道具は用いないと言いましたが、持っていたとしても道具を使う人もいます。様々な占いが出来た方が、占い師としての信頼度も高くなると思いますし、対面鑑定だとやはり道具を使ったエンターテイメント性が、必要になるからです。
では、霊感を持たない占い師が、インチキなのかと言われたら、そうではありません。

占いをしっかり勉強して、経験を積み重ねていけば、霊能力がなくてもプロの占い師としてやっていけます。そもそも、教本があれば誰でも出来るのが占いですから、霊感の有無は関係ないのです。
良い占い師とは、占いの方法や結果についてちゃんと理解したうえで、解釈が素晴らしい人になります。

ホロスコープなど、やり方さえ間違えなければ、誰がやっても大体同じになりますが、出たものをどう解釈するかが、占い師には求められています。
電話占いでも、こういった「占い師」はいますが、道具を使って占う関係上、鑑定時間がかかってしまうのが欠点だと言えるでしょう。
占っている間、利用者は占い師が何をしているのか見えませんから、不安に思う人もいるかもしれませんね。

電話占いのイタコと霊能者はどう違うの?

イタコというと、口寄せのイメージが強いかもしれません。もしくは恐山でしょうか。
実際のイタコの主な役割は、亡くなった人の声を届けるという事ですから、より霊に近しい能力を持った人になるでしょう。
霊能者との違いは、修行を行ったどうかになるそうです。

イタコになるためには、鑑札を持つイタコに弟子入りをするか、お寺で修業を積むかしないといけませんから、霊能者よりもその数は少ないです。
霊能者と似たような能力を持ってはいますが、役割が違うのがイタコだと考えるといいでしょう。
本物のイタコに会える機会というのは、ほとんどないかもしれませんが、電話占いだとイタコの修行を受けた人に、悩みを相談できることになります。
今までは考えられなかった、稀有な機会だと言えますから、見かけたら利用してみてはどうでしょうか。

スピリチュアルカウンセラーと霊能者の違い

便宜上スピリチュアルカウンセラーとしていますが、スピリチュアル○○と言った肩書が何種類もあるようなので、ひっくるめて話をしていこうかと思います。
基本的には、イタコ同様、霊能者と大きな違いはなく、立場や役割が違うという事になります。
霊能者が問題の根本的な解決を目指して、除霊や祈祷などを行うのに対して、スピリチュアル系は相談者に働きかけて、癒しを与えるようなものなのだそうです。

悪霊に取りつかれて運気が下がっているなどした場合、悪霊を払ってくれるのが霊能者、払い方を教えてくれるのがスピリチュアル系と言った感じでしょうか。
そのため、悩みがあってとりあえず話を聞いてほしいのであれば、スピリチュアル系に、問題をどうにかしてほしいなら、霊能者に相談してみるといいでしょう。
ただ、この区分というのは、本当に合ってないようなもので、明確な違いはないと言っていいです。

実際、スピリチュアルを名乗りながらも、自分は霊能者ではないかと考えている人もいますし、逆もまたしかりです。
当人達でもよくわかっていないのが、現実のようです。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

その他の人たちとはどういう人なの?

最後にその他の人ですが、紹介してきた人たちのレベルに達していない人や、そもそも占いが出来ない人になります。
電話占いと言いつつ、電話カウンセリングのように使われることもありますから、占いが出来なくても一定の需要があり、サイト内では別カテゴリとして分けられていますから、利用者が困るという事はないでしょう。

ただし、上記のレベルに達してないというのは、問題があります。
霊感があっても十分に使いこなせないとか、占いの勉強が足りないため、満足のいく鑑定にはならないでしょう。
こういった人は、料金が安めに設定されているはずですから、料金が安いと飛びつかないようにすればいいかもしれませんね。

ただし、これはあくまで優良サイトの話で、悪徳サイトの場合には、まるで占い出来ない人が占い師を名乗り、相場価格で鑑定するという事もあるようです。

自分に合わせた人を選んで

どうしても霊能者を信じられないという人もいるでしょう。そういう人は、霊能鑑定ではなく、普通の占いを得意としている人を探せばいいですし、霊感が信じられるのであれば、霊能者に鑑定してもらうと良いです。
最終的に決めるのは自分ですから、無駄にならないと思う人を選ぶようにしましょう。

関連記事