何かを始めるときに、何の心構えもなしに好き放題やってしまうと、良くない方向に転がることは良くあります。
例えばタバコを始める際に、1日に何本までと決めて始めていればヘビースモーカーにはならないでしょうし、お酒も月にどれくらい飲むのかを決めていれば、あとになって溺れることもないでしょう。
タバコやお酒だと思われるかもしれませんが、それは電話占いにも言える部分があります。

占い師による鑑定が悪い結果でもしっかり受け止める事が大事

まずは単純に鑑定をより良いものにするための心構えになりますが、占いをしてもらう上でそれを信じることは大事です。
はじめる前から占いに疑問を持ち、疑うなどして心を閉ざしてしまうと、どのような結果やアドバイスをもらったとしても、意味はないでしょう。
それに電話占いでよく使われるのは霊感占いです。

心を閉ざすことで、鑑定の精度を落としてしまうかもしれません。
中には良い事だけを信用して、悪いことは信じないと言う人もいるかと思います。
ですが鑑定をより充実したものにするためには、良い結果も悪い結果も一度素直に受け止めてから、改めて自分の中で吟味した方が良いでしょう。

悪い結果であっても、自分の行動次第では回避することも可能なはずですし、そうならないためのアドバイスも貰えるはずです。

請求される料金が高くなる事も?!時間のコントロールは常に意識しましょう

電話占いは1分で何円の世界です。
そのため「ついつい長話をしてしまった」と言うだけで、驚くくらいの金額を請求されることがあります。
仮に1分あたり200円の占い師と1時間通話したとすると、それだけで12000円です。

この200円は安めの金額で、400円の人相手だと1時間のおしゃべりが24000円にもなります。
この金額が経済的にあまり負担にならないような生活を送っているのであれば、ちょっとした失敗談で済みますが、中には生活を圧迫するレベルの負担になる人もいるでしょう。
もしかすると、手持ちが少なく期限までに払えないかもしれません。

そうならないためにも、鑑定中の時間管理はしっかりしておきましょう。
すぐにはまり込んでしまい、時計を見る余裕もないと言う場合には、タイマーを使うのもいいでしょう。

占い師の話が絶対当たるわけではないと心に留めておく

力のある占い師に鑑定してもらうと、あまりの的中率に驚くかもしれません。
ですが、全ての占い師がそうであるわけではなく、まさに当たるも八卦当たらぬも八卦の世界です。
高名な人であっても、その的中率は100%ではありませんから、「占い師の先生が言っていたから絶対大丈夫」はありません。

占い通りに行動して失敗しても、自分が損をするだけですから、臨機応変な行動も大事です。
また的中率が高すぎるのも問題で、相性が良くこの人のアドバイス通りに行動すれば、何事も上手くいくと言う場合が全くないわけではありません。
それであまりにも占いを頼りにしてしまうと、今度は占い依存症になる可能性が出てきます。
占いがなければ意思決定できず、かなりの頻度で占いを利用してしまう為、経済的にも困窮していきます。

生活苦をどうにかするために相談するのも、電話占いになりますから、どんどん深みにはまってしまうでしょう。

なんとなく利用するのは控えましょう

手軽に利用できる電話占いですが、心構えもなく利用して、深みにはまってしまうと行きつく先は、借金や料金の踏み倒しと言ったところになってしまいます。
そのため、はまり込んでしまう前に、月に利用する回数を決めておくとか、占いの結果を改めて考えてみて「自分で」意思決定をするようにするなどの対策をとるようにしましょう。