ちょっとした確認不足が、大きな失敗につながることは良くあります。
電話占いでも、ちょっとした確認不足でちゃんとした鑑定結果が得られなかったということがあるのです。
そこで電話占いを利用するうえで、どのような確認をしておけばいいのかを、考えてみましょう。

携帯の電池の残量は大丈夫?

現在、特に若い人の一人暮らしだと、家に固定電話がない事はよくあるのではないでしょうか。
そのためスマートフォンなどで、電話占いをするという人も多いかと思います。
固定電話が家にあっても、便利さから携帯電話を使う人もいるでしょう。

そこで注意してほしいのが電池の残量です。
出来れば充電が終わった直後で電話をかけるのが良いですが、とりあえず1時間通話出来たら大丈夫でしょう。
初歩中の初歩だと思うかもしれませんが、電池残量を忘れて電話が切れると言うことは、それなりにあります。

電話に夢中になっていればなおさら危険です。
また、電波状況も気を付けておきましょう。
家の中であっても、電波が不安定なところがあります。

同じ場所にいるはずなのに、急に電波が悪くなり電話が切れたともなりかねませんので、家の中でも電波の安定した場所を選んでおいた方が、失敗する可能性を低くすることが出来ます。
もしも固定電話があるのであれば、そちらを利用した方が安全かもしれませんね。

鑑定の目的をはっきりさせよう

電話占いの料金は、占い師との通話が始まった時からの時間で決まります。
しかも1分ごとに料金がかかるところがほとんどのため、電話が始まって何を言っていいのかわからないという状況が生まれたら、お金の無駄です。
「あー、えっと」と言い淀んで1分すぎてしまっても、サッと悩みを言って開始1分で鑑定に入ることが出来ても、かかるお金は一緒ですからね。

そこで電話をかける前に、自分がなぜ占いを頼みたいのか、自分の悩みが何であるのかを整理してください。
紙に整理した事柄をメモして準備しておけば、緊張して話すことを忘れてしまっても、すぐに対処できます。
また自分の悩みを整理することで、相談内容が具体的になり、鑑定自体がより有意義なものになるでしょう。

鑑定中に急に席を外す可能性はできるだけ排除する

友達が遊びに来たとか、宅急便が送られてきた、トイレに行きたくなったなど、急に席を外さないといけない場面というのがあります。
トイレの場合には先に済ませて置けばいいですが、急な来客はなかなか対策するのは難しいでしょう。
その時には利用する時間を考えてみましょう。

電話占いは24時間やっているところや、早朝までやっているところがたくさんあります。そのため、夜でもう来客が来ないであろう時間に電話をするのが良いでしょう。
少なくとも荷物が届くとわかっている時間帯での利用は、控えてください。

また鑑定時間が長くなれば、長くなるだけ席を外さないといけない可能性は高くなります。
少しでも鑑定時間を短くすることも、1つの対策と言えるでしょう。
上記の悩みを整理しておくと言うのも、時間短縮になりますから、ぜひやってみてください。

時間が短くなれば、料金も安くなり、経済的な負担が少なくなるのもいいところです。

準備をしっかりしてから鑑定に臨もう

せっかくお金を払って鑑定をしてもらうのですから、自分の都合で中断してしまうのはもったいないです。
そうならないための準備はしっかりとしておきましょう。
もしも、席を外さないといけない場面が訪れてしまったときには、占い師に一言言ってから電話を切るようにしてください。