紙を使うと言ったら、折り紙にしても良いですし、何かを書いても良いですし、切って紙吹雪にもできます。では、電話占いを使うと言ったら、どういった事が考えられるでしょうか。今回は電話占いの活用方法について、いくつかご紹介します。

電話占いっていつ使う? どういう風に使う?

多くの人の電話占いの使い方ですが、女性だと恋愛や人間関係に対する悩みが多く、男性だと仕事関連の悩みが多いのだそうです。
しかも、大体は何か大変なことが起こってから、どうしていいのかわからない、相談に乗ってくれる人が居ないから、電話占いを使うという人も少なくないでしょう。
例えば彼氏と喧嘩したけどどうしたらいいのかとか、もう夫には耐えられないから離婚した方が良いのか、今の仕事が我慢ならないから転職したいが大丈夫かと言った感じですね。

こういった使い方で、問題はありませんが、こういった使われた方多いため、他の使い方を思いつかないという人もいるのではないでしょうか。
少なくとも、電話占いは恋愛・人間関係・仕事関連以外の相談も受け付けてくれますし、何か起こっていないと使ってはいけないというルールも存在していません。
もっと柔軟に使うことで、さらに生活を充実させることもできるでしょう。

電話占いを定期的に使ってみる

占いを使うときに、すでに何かが起きたという状態だという人も、多いと思います。
要するに、困った時の神頼み状態ですね。
間違った使い方ではないですが、すでに悪いことが起きてしまっていますから、その後自体が好転しても完璧に対処できたとは言えないことが多いでしょう。
そうではなくて、困ったことが起こらないような使い方をしてみるのはどうでしょうか。

それが定期的に電話占いをする、という事です。
頻度としては3か月に1回ペースで、自分の事を占ってもらいます。
その時に、仕事に関する事・恋愛に関する事・対人関係に関する事などで、気を付けるべきことはないかを聞いてみるといいでしょう。

もしも悪い相が出てしまっても、それを回避するためのアドバイスをもらえるはずですから、安心です。
3か月に1回というのは、それくらい間をあけないと、占い内容が変わらないからだそうですね。また、期間が空きますから、依存症対策にもなります。

定期的に使うことで結婚にもつながる!?

定期的に占いを使うことで、絶対に結婚できるとは言いませんが、少なくともプラスにはなるはずです。
「いつ結婚できますか」と尋ねた時に、「1年以内に運命の人に出会えるチャンスがある」と返されたとします。
1年間占い師の言葉をちゃんと覚えて置けるのであればいいですが、忘れてしまう人が多いでしょう。

運命の人に出会うためにはどうしたらいいのか、そのアドバイスをもらっていても、忘れてしまっては意味がありません。
アドバイス通りに行動したと言っても、最初の1週間やってみただけという人もいるでしょう。
定期的に使うことで、そのたびに思い出すこともできるでしょうから、成功率は高まるはずです。

例えば30歳を越えたから、焦って占いを頼んでも、すでにチャンスをいくつも逃してしまっていた、となるかもしれません。
焦りだす前から、定期的に利用していれば、チャンスを逃すという事もないでしょう。

彼の気持ちやペットの気持ちを知りたいときにも使える

恋愛について占ってもらうときに、「自分」が上手くいく方法だけに関心を持っている人もいるかと思います。
例えば、「好きな人が別の人と付き合っているから、別れさせるにはどうしたらいいのか」とか「喧嘩した彼氏に謝らせるためにはどうしたらいいのか」などでしょうか。
ですが、恋愛は一人ではできません。相手となる「彼の気持ち」が分からない事には、いつか亀裂が入ってしまうでしょう。

そのため「彼」が「私」をどう思っているのか、という事を電話占いで相談してみてはどうでしょうか。
彼の気持ちを知ることで、自信をもって行動できますし、的確に相手にアプローチをかけることもできます。
また、気持ちを知ることが出来るのは、人間だけではありません。

家族同然のペットの気持ちも、電話占いなら教えてくれます。
紡機ではないけれど、最近愛犬の様子がおかしいなど、気になることがあれば相談するといいでしょう。ただし、病気なのだとしたら、病院に連れて行ってあげてください。

おすすめの電話占いでは仕事や転職、恋愛だけでなくペットの気持ちも分かる?!

探し物・探し人も電話占いで

電話占いの占い師には、様々なタイプの人がいますから、中には探し物や人探しが得意という占い師も在籍しています。
そういった占い師は、いわゆる透視や霊視が得意な人になりますから、電話占いだからこそ、頼むことが出来ると言えるでしょう。
占いの館などの対面占いの場合、目の前で占いをしてもらうことになりますから、何かしらの動きがあった方が利用者も、なんとなく何をしているのかわかります。

しかし霊感系の占いになると、何か道具を使って占いをするわけではありませんから、本当に占いをしたのか不安になる人もいるのです。
だからこそ、何をしているのかお互いに見ることが出来ない電話占いに、霊感が多い側面もあります。
探し物についてですが、探すものや人に対しての気持ちが、鑑定に関わってくるのだそうです。

ですから、思い出の品や思い出の人を探す時には、より力になってくれるでしょう。
そこにはお金にはない感動が待っているはずです。

電話占いなら健康についても尋ねられる

電話占いでは、健康について占ってもらうこともできます。
分かりやすいところで言えば、今後健康について不安はないか、と言った相談ですね。
結婚して子供を作ろうと思ったときなど、今後の自分の健康に不安があれば、役に立つはずです。

しかし、今持っている病気がどうやったら治るかとか、すぐに病気を治すにはどうしたらいいのかと言った相談には、答えることが出来ません。
あくまで占いで、もしもたちどころに病気を治せるのであれば、病院が不要になりますしね。
そのため、健康について訊くときには、病気になってから相談するのではなく、病気になる前に相談した方が良いでしょう。
それこそ、定期的に電話占いをする中で、一緒に尋ねると効果的だと思います。

考え方ひとつで電話占いは活用できる

電話占いで聞いてくれる悩みは、とても幅広いです。
ですから、占いとはこういったものだという先入観を持っていると、大変もったいない事態に陥るかもしれません。
その先入観を捨てることで、電話占いを今よりももっと便利に使うことが出来るようになるでしょう。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

関連記事