占いと言っても、朝のニュース番組でやっているような、星座占いや血液型占いもあれば、カードや水晶玉などを使ってやるものがありと、たくさんの種類があります。
対面鑑定であれば、何をやっているかを見ることが出来ますが、電話占いでは見ることが出来ません。では、占い師たちは電話の向こうでどのような事をしているのでしょうか。

占い師によって使う占術はいろいろある!

確認にはなりますが、電話占いとは電話を使った全く新しい特別な占いではなく、通話しながら既存の占いをしてもらうものです。
ですから、占い好きの人にとっては、馴染み深いものも多いでしょう。
しかしどのような占いをしているのかは、占い師によって異なります。

占星術やタロット占い、四柱推命などその人が得意としているものを行いますから、特定の占いをしてほしいと思った場合には、前もってどのような占いをしてもらえるのかを見ておきましょう。
占い師紹介ページを見たらわかると思いますが、中には多くの占術を使いこなす人もいます。
基本的にこれというものはありませんが、手相占いなど対面でしか行えないような占いはできません。

逆に対面ではないため、霊感を得意としている人が多いです。

霊感や霊視ってどんな占術なの?

電話占いで圧倒的に多いのが、霊感や霊視と言った霊術とも呼ばれるものです。
使う人の能力にもよりますが、生年月日と言った個人情報を伝えなくても、問題なく鑑定できる占術になります。
道具などは使わず、瞑想などにより相談者の事がわかると言いますが、その方法ははっきりしていません。

タロットカードなどでは占いに詳しくない人でも、何かをしていることは見てわかりますが、霊感の場合には何かしている事すらわからないことがほとんどです(他の占いと組み合わせる人もいるため一概には言えませんが)。
そのため、対面占いだと信頼を得ることが難しいです。
それが電話占いだと、道具を使う占いだと準備をしている時間が、利用者にはそのまま料金に繋がりますから、ほとんど時間をとらない霊能がメジャーな占いとなっています。

人によってはそのような特別な力自体、信用できないと思うでしょう。
しかし霊能鑑定では、占いを受ける側の心の状態が鑑定に影響を与えることがあり、信用できないと心を閉ざしてしまうと上手く鑑定できないかもしれません。
一度占いをしてもらうように頼んだわけですから、一度鑑定結果を素直に受け入れることが大事になります。

あとから改めて、鑑定結果を吟味してどうするかを考えたらいいでしょう。

霊能力以外の占いが電話占いに不向きな理由

1分ごとに料金が増えていく電話占いにおいて、時間がかかる要素がある時点で不向きだと言っていいでしょう。
タロットカードの場合には、相手の話を聞いたうえでタロットカードを並べ、それをめくってからカードの意味の説明などをしないといけないはずです。
四柱推命だと相手の生年月日などの情報を聞いてから、計算する時間が必要になるでしょう。

他の占いであっても、道具を使用すればそれだけ時間がかかりますし、利用者側から見たら道具を見ることはできませんから、面白くありません。
またどのような占いにも対応できる霊術とは違い、他の占いには鑑定する内容に得手不得手があります。
例えば四柱推命や数秘術、占星術と言った、生年月日などの不変の情報を元に占う命術であれば、はっきりとした答えを出すのを苦手としている変わり、運命を読むことには向いています。

タロット占いや易占いなど卜術の場合には、結果が漠然としたものになり、どう解釈するかの占い師の力量が試されます。
こういった事を知らずに占ってしまうと、思った通りの結果を得られませんから、向いていないと言えるでしょう。

当たることも当たらないこともある占いだからこそ

様々な占術があり、自分の好きなもので占ってもらえば、それでいいかもしれません。
しかし大事なのは、どのような占いを受けたのかではなく、鑑定結果をどう受け止めるかではないでしょうか。
↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

関連記事