占いは導き出された結果をもとに、占い師が解釈をして相談者に伝えるという流れをよく取ります。そのため、占い師の性別によって、解釈が変わり、占い結果も変わるという事があるでしょう。そこで、占い師の性別について、どういった事が変わってくるのか調べてみました。

電話占いは女性占い師の方が多い

電話占いの占い師は、男性もいますが、圧倒的に女性の方が多いのではないでしょうか。
電話占いサイトの占い師一覧を見ても、やはり男性よりも女性の方が多く感じられます。
その理由として考えられるのが、電話占いの利用者が女性の方が多いからです。

利用者の8割が女性とも言われますから、ほぼ女性が使うと言ってもいいでしょう。
占い師側から見ると、仕事上の関係で、男性であっても、女性であってもあまり変わらないのかもしれませんが、相談をしている側から見ると、人生において重大な話をする相手になります。
デリケートな話もすることでしょうから、やはり感覚が似ている同性の方が、話しやすい側面は十分に考えられます。

この占い師は女性であるべし、というのは、結構イメージとして根付いているようで、口コミを見ると「男性占い師にしては、良い人だった」と言ったものも見かけます。
男性の占い師の腕が悪いというわけではないと思いますが、肩身が狭いのかもしれませんね。

実際問題として男性占い師はどうなのか

男性占い師にも実力があり、人気が高い人も少なくはありません。
むしろ、女性優位の現状で、男性占い師になることが出来るというだけでも、実力や潜在能力が高いと判断できるのではないでそうか。
特に大手の電話占いサイトだと、占い師として所属できる人は、応募者の中で数パーセントしかいないとも言われています。

男性というだけで数が少なく、さらに数を絞られるわけですから、本当に実力があるとみていいのではないでしょうか。
ただ、採用基準を知っているわけではありませんし、今後男性の占い師の採用を強化し始めたら、また話は変わってくるでしょう。
現状でも、企業側はあまり男女にこだわっていないけど、応募してくる男性の人数が少ないというだけかもしれません。

女性占い師の特徴

ここから、それぞれの占い師の特徴について、見ていきます。
女性占い師の特徴としては、その女性らしさにあると言っていいでしょう。
女性らしい細やかな気遣いをしてくれますから、恋愛などのデリケートな問題を尋ねるには、もってこいです。

また、女性は男性と比べて、何かを決めるときに感情的な部分が大きくかかわっているのだそうです。
そのため、人間関係など、感情が関わってくるような問題に関しては、より親身に話を聞いてくれるでしょう。
それから、女性占い師の場合には、ズバッとなんでも発言するタイプの人と、こちらに癒しを与えてくれるようなおっとりしたタイプの人が居ます。

先ほどまでの話と変わってしまいますが、はっきりものをいうタイプの人は、こちらが気にしていることもあえて口にすることがありますので、打たれ弱い人は向いていないでしょう。
多くの人はわきまえていると思いますが、感情移入をしてくれるあまり、入れ込みすぎる人もいなくはないですから、注意して下さい。

男性占い師の特徴

古来より男性は大きな選択を迫られることが多く、そういった決断をするときには、父親に相談する方が望ましいと言われています。
逆に母親には、もっと日常的なことを相談したらいいと言われますが、余談ですね。
ですから、男性占い師の特徴は決断力だと、言えるのではないでしょうか。

どうするのか決めないといけないのに、自分ではなかなかどうしようもない時などは、男性占い師に相談してみるといいでしょう。

転職をするかどうかとか、内定をもらった会社に本当に入社して良いのか等、決断を迫られる場面は少なくないはずです。
また男性は論理的で、中立的な立場に立って話してくれる人が多く、はっきりと言い切るタイプは少ないと言います。
恋愛ごとでも、あくまで中立の立場として、相談者と相手のどちらの悪いことも言ってくれるでしょう。

ただし、こういった姿勢は、相談者に対する細やかな対応を蔑ろにしてしまいます。
相談者としては、とにかく自分は悪くないのだと、共感してほしいのに、自分の悪いことを言われるかもしれませんから、人によっては鑑定に満足できないでしょう。
また男性の場合、オネエ系の人もいる等、多彩なキャラクターの人が居るのではないでしょうか。

女性ならどちらの占い師を選ぶ?

女性が電話占いの占い師を選ぶ場合、基本的には女性占い師を選んでおくのが無難です。
というのも、女性ならではの悩みまで、理解してくれるからですね。
それと同時に、同性だからこそ、言いづらい事もきっぱりと言ってくれる面もあります。
占い師自身の経験も踏まえた鑑定になると思いますから、より具体性に富んだ話が効けるのではないでしょうか。

ここまで見ると、女性は男性占い師に鑑定を頼む意味がないようにも見えますよね。
しかし、ちゃんと男性に頼った方が良い場合もあります。
それは男性目線の意見が欲しい時です。
分かりやすい例としては、彼氏と喧嘩をしたときなどでしょうか。

仲直りをしたくても、彼氏がなぜ怒ったのかわからないというときに、男性占い師ならば当時の彼氏の感覚がわかるでしょう。
他にも、彼氏の気持ちが分からないというのも、男性目線で話してくれますから、女性だけで話しているときにはわからなかったようなことまで、教えてくれるはずです。
ただし、良くも悪くも中立であるため、話を聞いて分かっているようで、その実女性が本当に感じているところまでは、わかってくれないでしょう。

男性ならどちらの占い師を選ぶ?

ここまで見てくださった方にはわかると思いますが、男性が女性占い師に鑑定を頼む時は、女性の気持ちを知りたいときや、女性目線の意見が欲しい時です。
ですから、恋愛関係の悩みなら、女性占い師に頼むといいでしょう。
しかし、占い師の中には「男性なんだから」と男性を一括りにして、批判してくる人もいます。

そういう人が苦手なら、男性の占い師に相談しておいた方が、ダメージは抑えられるでしょう。それに、女性と同じく、同性である男性の占い師に相談することで、共感を得られやすいです。
仕事の相談で、男性だからこそ感じる悩みは、男性占い師に相談してみてください。

どちらが良いというよりも自分の悩みに合わせて選ぶ

男性占い師だからとか、女性占い師だからではなく、自分の悩みを改めて考えてみて、どちらを選ぶのかを決めると言いでしょう。
占い師は、出来る占いをしてはくれますが、占い師を選ぶのはいつだって自分の役割です。人選を間違えた場合、自分にもある程度は責任があるでしょう。