電話占いで自分以外の人が1回の鑑定でどれくらいの時間を使っているのか、というのは気にしたところで意味はないかもしれません。どれくらいの長さであれ、自分の満足が行く鑑定だったらそれでいいはずですからね。
しかし、やっぱり他の人のことも気になるのが人の性ではないでしょうか。

自分以外の人の話を聞くことで、見えてくるものもあるかもしれません。

初回の鑑定をする際に注意したいポイント

電話占いとは名前の通り、通話をしながら占いをしてもらうものです。
多くの電話占いでは1分あたり何円という料金設定で、料金が後払いだと言うところもあります。
またサイトにはたくさんの占い師が在籍していて、電話をした時間やその人の人気の有無などで何時間でも会話することもできます。

有料サイトであれば、占い師に対して無意味な引き延ばしをしないように指導していますが、それでも占い師側から見れば少しでも長く通話が出来れば儲かることに違いはありません。
無理に引き延ばさずとも、利用者が長話をしているのであれば、それを止めない人もいるでしょう。
それでトラブルになることもあり、サイトの中には初回に限り鑑定時間の上限を決めているところもあります。

電話占いを使うのが初めてで、長話をしてしまいそうだという人は、上限が決められているところで、どのような感じかを掴んでみるといいでしょう。
それから、鑑定が始まる前にオペレーターなどに、希望する時間を伝えておくことで対応してくれるところもありますので、一度電話して確認してみるといいでしょう。

皆の通話の平均時間はどうなの?

本題の通話時間の平均の話ですが、20~60分程度だと言う話や、30分前後だと言う話があります。
普通に使う分には1回30分、占いが好きで長くなりそうな人は1時間と考えておくと良いかもしれません。
結局のところ、個人で大きく変わってくると言うところでしょう。

仮に1分あたり300円だと1回30分で9000円、60分だと18000円かかることになります。これが200円だと6000~12000円になりますから、単純な時間だけを見るよりも、金額と時間を総合的に見た方が良いかもしれません。
余談になりますが、1回の鑑定を10分で終わらせると言う人もいます。

電話占いの頻度は、週3回以上になると要注意!

1回当たりの利用時間も気になるとは思いますが、それ以上に気を付けたいのが電話占いを使う頻度です。
1回当たり30分だとしても、週に何回も利用していたら、時間もお金もとられてしまいます。
それだけではなく、占い依存症になる可能性もありますから、自分がどれくらいの頻度で利用しているのかを再確認することは大事です。

普通の人で月に1回程度、占いが好きだと言う人であっても2週間に1回程度が平均だと言います。
仮に200円を30分だとすると、月1回で6000円、2週間に1回で12000円と回数が増えるたびに1か月あたりの負担が重くなります。
もしも週に何度も電話するようになると、経済的負担が多くなりすぎて、料金を踏み倒しかねません。

また週に3回以鑑定を頼んでいるという人は、占い依存症の可能性があります。
占い依存症になると、占い師のアドバイスがないと行動できない人になってしまうでしょう。

頻度や鑑定の平均時間を周りに合わせる必要はないけれど

占いをやるうえで、周りの人に合わせて時間や頻度を決める必要はありません。
しかし度が過ぎてやりすぎてしまうと、依存症になったり、トラブルに巻き込まれたりしますから、節度は持って利用してください。

↓電話占いサイトTOP
おすすめの当たる口コミ電話占い!占いでお悩み相談へ戻る

関連記事